« 山下達郎 サンデーソングブック 2010.10.03放送リスト | トップページ | 山下達郎 サンデーソングブック 2010.10.17放送リスト »

2010.10.10

山下達郎 サンデーソングブック 2010.10.10放送リスト

  [ 棚からひとつかみ+リクエスト ]

   1. ウィスキーがお好きでしょ/竹内まりや 11月03日発売ニューシングル
S_whisky250

   2. TELSTAR/THE TORNADOS '62
Tornadoes_t

   3. CRYING/ROY ORBISON '61
Royo_crying

   4. LOVE AIN'T LOVE(TILL YOU GIVE IT TO SOMEBODY)/COURTSHIP '72
(コンピレーション盤「Yo Philadelphia / Look What I Found」に収録されているようです。)
iTunesMusicStoreでは単曲で購入できるようです。icon
Courtship_lal

   5. SHOW ME/GLENN JONES "FINESSE" '84
Glennjones2nd

   6. EBB TIDE(1st VERSION)/ROBERT MAXWELL '53
(放送で話があったように、CDは再録音らしいので、お気を付けください)
Robertmax_et53

   7. MELODY FOR YOU/THE GRASS ROOTS '68
Grassroots_mfy

   8. I'VE GOT YOU UNDER MY SKIN/山下達郎 with PONTA BOX '98
Ponta_wtml

   9. 希望という名の光/山下達郎 '10
S_kibou250

注:ROBERT MAXWELLの「ひき潮」の件でお話のあった、
 磯崎さんが運営なさっているサイトです。

 ムード・ミュージックの楽しみ

 磯崎さんは、当ブログへも
 いつも勉強になるコメントを書き込んでくださります。
 とても知識豊富な方です。

 今日の「ひき潮」のファーストレコーディングのお話も、
 2010/8/8放送で「ひき潮」が流れた際に、書き込んでくださりました。
 おかげで達郎さんよりも先に新事実を知る、
 という光栄に預かりました(笑)

 当ブログ共々、
 「ムード・ミュージックの楽しみ」さんもよろしくお願いします。

Tatsuro_stamp_2

 

コンピューターミュージックモニター

 iTunes Store(Japan)

♪♪ブログランキングに参加しています♪♪
もしこのブログが役に立ったら

↓是非毎日クリックをお願いします!
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽番組へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



|

« 山下達郎 サンデーソングブック 2010.10.03放送リスト | トップページ | 山下達郎 サンデーソングブック 2010.10.17放送リスト »

01.放送リスト」カテゴリの記事

05.棚からひとつかみ」カテゴリの記事

06.リクエスト特集」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。いつも返信いただいているのに
すっかり御無沙汰してしまい、恐縮です。

正直に書かせていただくと、ここへ最後に投稿
させていただいた頃(9月中旬)に、
どこかのレコード会社のまわし者らしき人が、
本当に嫌みな文面のメールを私にして来たんです。
その会社の宣伝になるので内容はここに書きませんが、
とても気分を悪くさせるものでした。
その後、私が『レコードのムード』を全国のCDショップへ
流通させているのがよほど気に入らないらしく、
個人で儲けているだの何だのと(実質は赤字ですが)
「番組リスナー」を称する方から誹謗中傷を受けました。

枚数こそ少ないですけど、少しでも権利者様へ対価が
渡るようにも、尊敬と感謝の気持ちを持って、
CDを作らせてもらっておりますが、
「金とって儲けている!」等と誹謗された文章を読まされて、
悲しいというか何というか、気分的に嫌になって
しまったんですね(苦笑)
それで、番組はいつか聴かせていただこうと、録音は
させていただいていたものの、
番組を直接に拝聴するのをやめてしまっておりました。

番組から流れる高音質な音楽をタダで、
高音質のまま録音できて、(違法かどうかは別として)
各動画投稿サイトからでもタダで、
簡単に音楽が手に入る時代です。もちろん、
山下達郎さんの貴重な情報もタダですよね。
その目線で、私のCDのことなどを独り善がりに
比べられたようですけれども、心中は複雑です・・・ 

まぁ、そうは言っても、以前に私がヤフオクで
中古CDを購入させてもらったことのある
同じ「番組リスナー」のお一人から、
(文面の前後省略)
「山下達郎氏も大層よろこんでおられるようで
他人ごとながらとても良い気持ちになりました。
判る人には判るということですね。
私も勉強させてもらいました」
という旨のメールを10日(日曜日)の夜に
いただきました。嬉しかったです・・・ 
本日これを投稿させていただく時点で、私へ
直接お知らせ下さったのは、この方だけでした(苦笑)

この場を御借りして、書かせていただきます。
『レコードのムード』シネラマ映画
「世界の七不思議」編 (EH-5001) を流通から引き上げたのは
誹謗中傷などに屈したのではなくて、本当に在庫僅少に
なったためです。インターネットをされない方達へも
良い音楽を提供させていただきたいと願い、同時に
これらの音源で、CDショップの店員さんと
店頭でのコミュニケーションも楽しんでいただきたい等
といった複数の思いから、流通業者さん経由で
全国のCDショップさんにて、販売をさせていただきました。
おかげさまで、流通業者さんからも、まだ沢山の
納品依頼を受けていたにもかかわらず、十分に提供できる
枚数が無くなってしまった次第です。

ただ残念なことに、
このタイトルは、大部分が実店舗のある店で売れ、当方の
ショップ・ページでは、ほとんど売れなかったものですから、
次に結びつく利益がでなかったのです・・・ 
増産のために資金を援助して下さる方、または
新しいタイトルのCD制作のために援助して下さる方も
募集しておりますので、もし御興味を持って下さる方が
いらっしゃいましたら、ぜひお声をかけて下さいますよう
切にお願い申し上げます m(_ _)m

番組リスナーさまから教えていただき、気を取り直して、
さっそく10月10日の放送(録音)を拝聴しました。
お恥ずかしい限りです・・・ 
でも凄く嬉しかったです(笑)
お役に立てましたなら、幸いに思います。
山下達郎さんにも、そして御紹介下さった
東京太郎さまにも本当に感謝申し上げます m(_ _)m
これからも、よろしくお願いします。

でもあのマーキュリー盤、しかもEP盤をお持ちなんて
びっくりしました(笑)
さすがにコレクションの質も凄いですね (^^;
ちなみにロバート・マックスウェルは、最初
「ボビー・マックスェル」の名前で活動していたため
マーキュリー盤の『引き潮』(多くはSP盤)でも、
本当に初期プレスのレコードでは、ひょっとしたら、
ボビーの名前で載っているかも知れません。

>今週(9/19)放送で流れた、
>ジョニーナッシュはレゲエの人だそうですが、
>彼のレゲエの曲とは全く印象が違うので、
>本当に同一人物なのでしょうか(笑)。

すみません、今私にはちょっと分かりません(苦笑)

「珍盤・奇盤特集」もリスト拝見しましたが
凄いのが並んでますね(笑)
洋楽のモンドものは、近年あちらでも凄い値段が付いて
ますし、聴ける機会が遠のく一方な気がします。

>イエローサブマリン音頭/金沢明子 '82

この辺は、「FM東京」時代の夜にやっていた
「サウンド・マーケット」という番組の
冗談ミュージック特集なんかで、かかってましたね。
同時期、神谷明さんの「ベスト・リクエスト」で
ロックを聴き三昧でもありました(苦笑)

投稿: HP『ムード・ミュージックの楽しみ』 | 2010.10.12 00:48

こんにちは、コメント頂きありがとうございます!

> こんばんは。いつも返信いただいているのに
> すっかり御無沙汰してしまい、恐縮です。

いえいえ〜、とんでもございません。
お時間のある時に覗いて頂ければと思います。

コメント、拝見させて頂きました。
心中お察しします。

世の中、悲しいもので
こちらが何かの行動を起こすと、
必ず文句を言ってくる人間がいます。

仕事等の会社内でもそうですね。

以前僕がコレクションのブログをやっていた時も
「宣伝して儲けてる」などと誹謗中傷する人がいました。
(直接言ってくるわけではないのですが)

そのブログでは、
同じコレクションをしてる人への
情報提供ができればいいな、という思いやっていたので、
ちょっとショックでした。

それ以来、雑音は気にせず、
自分のやりたいことを貫いて、周りの意見は気にしないことにしました。

映画「荒野の七人」の中で、
周りからのヤジは「風の音と思えば気にならない」
という感じのセリフがありました。
そういう気持ちでやるようにしています。

とはいえ、好意的な意見をくださる方も多くいましたので、
なるほど、どんな事柄にも、賛否両論は出るんだなと思いました。

達郎さんも以前、ラジオの内容に関して
「右にいけば、左から文句がきて、
 左にいけば、右から文句が来る、
 だから自分でやりたいようにやる」
ということを言っていました。
それでいいんだと思います。


僕のような些細なブログと比べては失礼かも知れませんが、
磯崎さんがやってらっしゃることは、素晴らしいことだと思います。

個人が、きちんと権利関係をクリアにした上でCDを発売するのは
かなり大変な労力を要すると思います。

時代に埋もれて消えてしまいそうな音楽を残したい、
という気持ちでの行動だと思います。

そういった行動は、軽い音楽ファンには決してマネの出来ない
すばらしい行為だと思います。

応援していますので、周りからの雑音を気にせず、ぜひ頑張ってください。
ささやかながらご協力させて頂きます。


> そして御紹介下さった
> 東京太郎さまにも本当に感謝申し上げます m(_ _)m

むしろ感謝するのはこちらの方です。
僕はいつも勉強させて頂いております。ありがとうございます!


> 「珍盤・奇盤特集」もリスト拝見しましたが
> 凄いのが並んでますね(笑)

最近は、こういった曲も少ないですね。
最近の音楽はマジメですね(笑)。
それだけ音楽市場も厳しいと言うことでしょうね。


> >イエローサブマリン音頭/金沢明子 '82

子供の頃は「なんだこの曲は」と思い、嫌いだったのですが(笑)、
大人になって聴くと「すごいな」と思います。
大人になると知識が付くので、音楽の聴き方も変わってきますね。

投稿: 東京太郎 | 2010.10.13 00:14

こんばんは。
返信をいつも嬉しく思っています。
いろいろ思う事もあって、悩み考えることが
近年は本当に多くあります(苦笑)

>以前僕がコレクションのブログをやっていた時も
>「宣伝して儲けてる」などと誹謗中傷する人がいました。
>(直接言ってくるわけではないのですが)

あー、お気持ちは本当によくわかります(笑)
本人はさほど悪気がないことにしても、
結構きつく感じるのも少なくないですし・・・ 
特にmixiなんかは、書く人は匿名で安心されているのか、
好き放題書かれて、酷いのありますよ。
これだけ色んな情報出ていると、本来は感謝されるも
「当たり前」みたいになってしまって、
観覧者が何かちょっと気に入らないようなことや、
妬みなどがあると、悪く書き出すのでしょうね。

>それ以来、雑音は気にせず、自分のやりたいことを貫いて、
>周りの意見は気にしないことにしました。

それもよく分かりますが、私は真に気をつけて
いることがあります。それは
独り善がりにならないように、です(笑)
例えば、かねてから自分の探しているレコード盤が、
雑誌で面白おかしく紹介され、それを御覧になった
多数が一斉に探しまわる・・・ ということは、
過去にも、しばしば起こってますよね。
雑誌は、その情報に対価を出して得ようとする人々が
メインだと思いますけれど、それをネットで
やってしまうと、対価を出してまで情報が欲しいと
思わない人々や、そのレコード盤を欲しいと思うようになる以外の
人々(セドリとかの転売屋など)にまで広めてしまって、
本来それを探し求めている人にとっては、
本当に迷惑な話でもあります(苦笑)

まぁ、お伝えしようと思っていることは、
そんなに単純な例え話では表現しきれませんけれど、
ネットでは伝え方によって、思わぬ迷惑をかけてしまう
相手がいるかも知れません。それがないかどうかを
「独り善がり」になると、気づかなく(考えなく)
なってしまうんですね。
そのような面で、何か言っている人の意見には、
一応考えてみるように私はしているんです(笑)
この人は、何故それを書いているのだろうか・・・って。
逆の立場でも考えてみますが、残念ながら
妬みの類が多いんですよね(悲)

>応援していますので、周りからの雑音を気にせず、
>ぜひ頑張ってください。
>ささやかながらご協力させて頂きます。

嬉しい御言葉、どうもありがとうございます。
本当にありがたく、感謝いたします(笑)

>僕はいつも勉強させて頂いております。

ネットは誰が見ているか分からないので、
上記のような理由により、特に最近の私は
情報をかなり制限しています。メールとか、私の所の
非公開の掲示板なんかだったら、ごく普通の
(情報を制限しない)コミュニケーションを
させていただくことができますので、
何かありましたらどうぞ(笑)

>大人になると知識が付くので、
>音楽の聴き方も変わってきますね。

それはありますね。知識というより、音楽的な経験値
とでも言うような、もっと感覚的なものが
付いて来るものと思います。
いろんな音楽を聴いてみることは重要ですね(笑)

投稿: HP『ムード・ミュージックの楽しみ』 | 2010.10.15 01:49

>何か言っている人の意見には、
>一応考えてみるように私はしているんです(笑)
>この人は、何故それを書いているのだろうか・・・って。

なるほど、そうですね。
確かに発言するには何かしらの理由があるわけですからね。
僕も少し気をつけてみます。


>知識というより、音楽的な経験値
>とでも言うような、もっと感覚的なものが
>付いて来るものと思います。

おお、まさしくそれです。
経験値という言葉の方がピッタシきますね。


ブログに限らず、メディアで発信する、というのは
いろいろと考えることが多く、
思っていたより大変ですね。
お互い頑張りましょう〜。

投稿: 東京太郎 | 2010.10.16 11:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25856/49702601

この記事へのトラックバック一覧です: 山下達郎 サンデーソングブック 2010.10.10放送リスト:

« 山下達郎 サンデーソングブック 2010.10.03放送リスト | トップページ | 山下達郎 サンデーソングブック 2010.10.17放送リスト »